MENU

飛距離アップには腹筋を鍛えてから筋肉の柔軟性を高めると効果的

年齢を重ねてくると筋力が落ちてきてしまうので当然ゴルフの飛距離も落ちてきてしまいます。まずスイングする時に筋力が落ちてしまうと体がブレてしまって安定した体勢でスイングが出来なくなってしまいスイングスピードが落ちてしまいます。そのためゴルフボールを強く打つ事が出来なくなるので飛距離も出ません。飛距離を出すにはスイングスピードを速くする必要があります。スイングスピードを速くするには体のブレを改善して安定した体勢でスイングするようにしないといけません。
体のブレを回線するには体幹を強化していく必要があります。体幹を鍛えるにはいろいろな方法がありますが、ゴルフの飛距離を伸ばす事を考えると腹筋を鍛えると効果的でしょう。腹筋を鍛えると体のブレがなくなり股関節の間でしっかり体重異動が出来るようになってスイングスピードを速くする事が出来ます。腹筋は自宅で鍛える事も出来るので毎日腹筋を鍛えるトレーニングを取り入れてみるといいでしょう。
年齢を重ねてくると筋力が落ちてくるとともに筋肉が固くなってしまいます。筋肉が固まってしまってもスイングスピードが落ちてしまって飛距離が出なくなってしまいます。特にドライバーでスイングした時ほど飛距離が出なくなったと感じてしまう事が多いです。スイングスピードを速くするには筋肉の柔軟性を高める事も重要になってきます。そのためには定期的にストレッチたヨガなど柔軟性を高めるトレーニングをするといいでしょう。

 

参考:飛距離が落ちてきてスコアが伸びない人はこのゴルフクラブドライバーが一押し!

このページの先頭へ